最近よく耳にする”ホットヨガ”の効果は?

最近よく耳にする”ホットヨガ”の効果は?

最近のヨガブームと共によく耳にする言葉、”ホットヨガ”。

 

通常のヨガとの大きな違いは、湿度が高い約39度前後の室温でヨガを行うということです。

 

この環境ですと、筋繊維を十分に伸ばすことができるので、体の柔軟性も上がりますし、
ヨガ中の事故(筋肉を傷めたりすること)も少ないと言われています。

 

また、ヨガをすると大量の汗をかきますが、
湿度が低いとせっかく出た汗がすぐに蒸発してしまい、肌が乾燥してしまいます。
一番良い温度と一番良い湿度を保つことで、
ヨガの効果を最大限に引き出すことができ、快適にヨガを行うことができる。
これがホットヨガなのです。

 

 

 

ホットヨガで期待できる効果は様々ですが、
代表的なものに『冷え性改善』『デトックス効果』『ダイエット』の効果が期待できます。

 

ホットヨガは通常のヨガよりも室温が高い環境で行うため、
体温が上昇しやすくなっています。

 

そのため、体の奥から体温上昇がなされ、冷え性改善を期待することができます。
また、大量発汗によるデトックス効果も期待できます。

 

体の中に溜まっている老廃物を汗が排出してくれるので、
毛穴に詰まった古い角質や雑菌、皮脂の固まりが流れていき、
美肌・健康になると言われています。

 

ホットヨガの呼吸は上半身の腹部も使用した呼吸法ですので、
腹部周辺の内臓にもよい刺激を与え、
稼動筋肉が大きいためカロリー消費にもつながります。

 

さらに腹式呼吸を自然と行うことができれば、
腹筋強化や運動量増加による基礎代謝の向上も期待できます。

 

ダイエットだけでなく健康促進やアンチエイジングのためにホットヨガスタジオに通う方もいるようです。
"